【電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」の特徴やメリット、使い方を徹底解説!】
【電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」の特徴やメリット、使い方を徹底解説!】

世界的にキャッシュレスの波が押し寄せている今、電子決済サービスの需要が高まっています。今や1人に一枚はクレジットカードもしくは電子マネーを持って歩いている時代です。そんな電子決済サービスの中で、今回ご紹介するのは「QUICPay(クイックペイ)」です。

QUICPayとは、お店の端末に登録済のカードやスマートフォンなどをかざすだけで支払いが完了できる決済サービスです。クイックペイを使うことで、現金を持たずにあらゆる店舗でお金のやりとりを行うことができます。

ここではQUICPayの特徴と設定方法をご紹介します。順を追って見ていきましょう。

QUICPay(クイックペイ)の特徴は?

QUICPayは運営会社JCBが発行している電子マネーで、加盟店のお店の端末にカードやスマートフォンをかざすだけで支払いを完了することができ、サインも不要です。さらに支払いでポイント、マイルが貯まります。また、多種のクレジットカードにも対応しており、盗難紛失があった場合でもQUICPayの支払いに指定されたカード同様の保障も受けられます。

最近では三井住友カードやNTTドコモが提供しているIDや楽天Edyなどと提携して、複数の電子マネーを扱える端末を加盟店に設置しています。

QUICPay(クイックペイ)を利用するメリット

QUICPayを利用することで得られるメリットは支払いが早いことはもちろんのこと、nanacoカードの機能と併用することで、JCBカードだけでなく、nanacoカードが使用できるお店でも利用が可能なことです。どれも既存の電子マネー決済にはないメリットで、QUICPayの魅力でもあります。

店舗での決済がスムーズ

店員さんに「支払はクリックペイで」と伝え、QUICPayをお店の端末にかざします。すると、お店の端末「クイックペイ」という決済音が鳴り、お店の端末が緑色に転倒すればお支払い完了です。待ち時間はほとんどなく、スムーズにお買い物を行うことができます。

事前チャージが不要

事前にクレジットカードの発行が必要ですが、QUICPayは基本的にクレジットカードと連動しており、利用した料金はクレジットカードの利用料金として請求されます。よって、他のsuicaやPASMOのようにチャージの必要が一切ありません。

2種類の電子マネーが使える

さらに、先払い型のnanacoカードを持つことによって、先払い後払い2種類の電子マネーが使えるようになり、2種類の電子マネーが使えることで支払可能なお店が増えることも魅力です。それにより、QUICPay(nanaco)を使用することで、ポイントの二重取りが可能になります。セブンイレブンで会計すると、nanacoカードのポイントがつきます。そして、さらに、QUICPayに登録したクレジットカードにもポイントが貯まります。これでポイントの二重取りが可能になるのです。

この二重取りはQUICPay(nanaco)の最大のメリットといえるでしょう。

QUICPay(クイックペイ)の利用方法

QUICPayの利用するには、クレジットカードに紐づいており、ポストペイ型のため、基本的にチャージは必要ありません。しかし、nanacoも併用して使用し、かつnanacoで支払う際は、現金でチャージ、クレジットカードでチャージ、リアルタイムチャージなどが必要になってきます。

現金でチャージ

QUICPayはクレジットカードと紐づいているため、現金チャージ不要のポストペイ型(後払い)です。ただし、nanaco払いの場合はnanacoが事前払いのため、現金のチャージが必要です。現金チャージは、セブンイレブンなどのお店のレジ、セブン銀行ATMまたはnanacoチャージ機を使用することでチャージすることができます。

クレジットカードでチャージ

QUICPay(nanaco)を使えるようにするには、nanacoカードとQUICPayに対応するクレジットカードが必要です。

QUICPayでは使えるクレジットカードは多いのですが、QUICPay(nanaco)が伝えるクレジットカードとなると、カードの種類が限られてきます。

QUICPay(nanaco)対応の主なクレジットカード会社はセブンカード・プラス、JCBカード、セディナカードクラシックなどです。

銀行口座からチャージ

QUICPay(nanaco)は、ネットからチャージする金額を申し込み、セブンイレブンやセブン銀行ATMで残高確認すると、nanacoに入金されます。

リアルタイムチャージ

セブンイレブンなどで支払い後、nanacoカードの残高が設定した金額未満なった場合、対応しているクレジットカードから自動的に一定金額が入金されます。

QUICPay(クイックペイ)が使えるお店は?

QUICPayは全国のスーパーやコンビニエンスストア、ガソリンスタンド等で
利用できます。

コンビニエンスストア

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、
ミニストップ、デイリーヤマザキ、サークルK、サンクス、生活彩家、ポプラ
など。
レストラン・グルメ…
海都、魚べい、すき家、味の民芸、手延べうどん水山、JINJIN、海鮮三崎港、鳥どり、響、サガミ、ロイヤルホスト。

レジャー

アドベンチャーワールド、コロナワールド、東京タワー、ジャンカラ、スーパージャンカラ、キッザニア東京・甲子園、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、富士急ハイランド、Hawaiians、MOVIX。
スーパー…イオングループ、イズミ、イズミヤ、イトーヨーカドー、ウェスタン、
オーケー、カブセンター、神文ストア、ぎゅーとら、SUNDAY、
阪急オアシス、ぴあざフクハラ、阪急OASIS、ビックハウス、
ベストプライス、マックスバリュー、ワコーなど。

ガソリンスタンド

ENEOS、昭和シェル石油、エクスプレス。

ドラックストア

アインズ&トルぺ、ウエルシア薬局、救命堂、
オストジャパン、ココカラファイン、マツモトキヨシなど。

その他、タクシー、空港施設などでも利用可能です。

QUICPay(クイックペイ)にはお得なキャンペーンも

・総額1000マンポイントが当たる!電子マネーでお買いものキャンペーン
期間中、ビックカメラグループ(ビックカメラ・児島・ソフマップ)でビックカメラグループの店舗で使えるポイントカードを提示しクイックペイを利用すると、ご利用金額3,000円(税込)を1口として抽選でプレゼントが貰えます!※キャンペーン企画2018年11月16日(金)〜2019年1月14日(月)

・QUICPayを使って東京ディズニーリゾートへ行こう!
QUICPayご利用合計金額3,000円(税込)を1口として抽選で500組1000名様に東京ディズニーリゾート・パークチケット(ペア)プレゼント!※キャンペーン期間2018年11月16日〜2019年3月25日(月)
・食べログでQUICPay!おトクにグルメを楽しもう!対象店舗で最大15%OFF
期間中、対象店舗でお会計時にこのページを見せてQUICPayでお支払いをすると5〜15%がその場で割引されます!※キャンペーン期間2018年9月19日(水)〜2019年3月18日(月)

後払い式の電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」を使いこなす

QUICPayは、電子マネーのスムーズな会計をすることができ、それでいてクレジットカード特有の後払いもでき、チャージも不要と言うとても便利なものです。

お財布ケータイ機能を選べば、さらに便利になります。また、QUICPay(nanaco)なら、ポイントもさらに貯めやすくお得感が増すためおススメです。

一度利用したら他の電子マネーでは物足りない優れものです。なおかつ、国際ブランドであるJCBが運営していることもあり、信用できる電子決済サービスであることは間違いありません。

電子マネーは今やたくさんの種類が出ており、どれにしようか悩んでしまうかもしれませんが、まずはクイックペイをぜひ使ってみて下さい。

資料請求バナー
  • QUICPay、ディズニーストアで10%オフに 10月開始
  • スターバックス、タッチ決済が可能なボールペン発売へ
  • Visaのタッチ決済、JapanTaxiの決済機付きタブレットに導入へ
  • 電子マネーQUICPay(クイックペイ)、「SWEET LOVE SHOWER 2019」で公式グッズが10%オフに 「スペシャキッチン」は100円引き
  • 電子マネーのQUICPay、丸の内エリア、ランドマークプラザ、大名古屋ビルで1,000円キャッシュバック
  • 電子マネーのQUICPay、グランフロント大阪ショップ&レストランで1,000円キャッシュバック
おすすめの記事