JapanTaxiと瀬戸内エリアの観光型MaaS実証実験アプリ「setowa」が連携へ
JapanTaxiと瀬戸内エリアの観光型MaaS実証実験アプリ「setowa」が連携へ

タクシーアプリ「JapanTax」は、JR西日本が2019年10月1日(火)~2020年3月31日(火)の期間中、瀬戸内エリアへの観光誘客拡大に向けて行う観光型MaaSの実証実験アプリ「setowa(せとわ)」と連携します。

「setowa」内でタクシー移動ルートが提案されると「JapanTax」アプリが起動

以下、プレスリリースより引用。

JR西日本が進めるMaaS実証実験「setowa」との連携では、観光時のタクシー移動をサポートする取り組みとして、「setowa」内でタクシー移動ルートが提案された際は、ワンタップで乗車・降車場所が入力された状態で「JapanTaxi」アプリを起動することができるようになります。

『setowa(せとわ)』について

サービス名

setowa(https://www.jr-odekake.net/navi/setowa/

概要

瀬戸内エリアへの観光誘客拡大に向けて、出発地から目的地までの新幹線をはじめとする鉄道に加え、現地での船舶、バス、タクシー、レンタカー、レンタサイクル、カーシェアリングなどの交通機関および地域の観光素材を、スマートフォン等でシームレスに検索・予約・決済

実施期間

2019年10月1日(火)~2020年3月31日(火)

実施エリア

  • 出発エリア:日本国内全域
    ただし、出発地から目的地までの列車の予約は、JR西日本インターネット予約サービス「e5489」(いいごよやく)の対象エリアに限る。
  • 到着エリア:広島県東部を中心とするエリア
    呉市(大崎下島)/竹原市/三原市/尾道市/福山市/大崎上島町および愛媛県今治市(大三島)

機能と特徴

  • 行程作成(スケジューラー)機能
  • 予約・決済機能
  • 利用特典
資料請求バナー
  • 小田急電鉄、MaaSアプリ「EMot(エモット)」の実証実験を10月開始
  • トヨタ自動車のMaaS戦略とは?自動運転の未来に迫る
  • MaaSと自動運転は今後の大注目ワード!
  • MaaS企業とサービス事例まとめ
  • フィンランドの「MaaS Global」に代表されるMaaSアプリとは
  • セレッソ大阪、こまがわ商店街・ヤンマースタジアム長居を結ぶMaaSの実証実験を実施へ DiDi、ハローサイクリングなど協力
おすすめの記事